HOME > 知多 > 協和の山車祭 半田市協和地区

取材日:2014年04月12日 知多

協和の山車祭 半田市協和地区

協和の祭 半田市

協和の山車祭は試楽と本楽の2日間にわたって行われる。山車は2輌、砂子組の白山車,西組の協和車がある。
今は4月の第2日曜日とその前日に行われているが、かつては3日間にわたって行われていたらしい。試楽の日は町内を曳き廻され、夜には提灯を付けられるそうです。本楽の日は午前中に町内を曳き廻された後、午後から白山神社に向かいます。白山神社は小高い丘の上にあり参道は勾配のある50mもの坂になっています。この坂を重い知多型の山車を引き上げるのですが、この坂上げこそが祭のクライマックスです。中央の曳き綱だけでなく左右2本づつ4本のハンド綱を加え5本の綱で他の組も加わり、祭衆総出で神社まで曳き上げます。神社への曳き上げは天候によっては中止になる場合もあるそうです。


開催時期:4月第2土・日曜日(開催日時は主催者にご確認ください)
ところ:半田市協和地区・白山神社

交通:名鉄河和線知多半田駅下車
公式HP:http://dashimatsuri.jp/matsuri/kyouwa.html


 

曳綱の数がすごいです

曳綱の数がすごいです

 

下から見ると空を見上げるようになってしまいます

下から見ると空を見上げるようになってしまいます

 

奥に写った提灯とその支柱がこの傾斜を表しています

奥に写った提灯とその支柱がこの傾斜を表しています

 

2つの組が総出で曳き上げます

2つの組が総出で曳き上げます

 

緑の中に吸い込まれるようです

緑の中に吸い込まれるようです 

 

息を呑むほどの緊張感がある

息を呑むほどの緊張感がある

 

総出の坂上げはそれだけで見応え充分です

総出の坂上げはそれだけで見応え充分です

 

白山神社境内の引き揃え

白山神社境内の引き揃え


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sample